さまざまな機能があるPOSレジ!用途に合わせて選べます

POSレジ

タブレットでオーダーするPOSレジなら手書き入力も可能!

タブレット端末

飲食店において、メニューの対応範囲を広げることは重要です。最近では、オーダー用紙でカスタムオーダーに対応したり、セルフオーダー式の飲食POSレジで項目を決めて任意に内容を変更できるようにしていることもあります。ですが、実際にはこれらの対応ではカバーし切れない問題もあり、セルフオーダーの場合にはアレルギー食品や様々な理由で使用を避けて欲しい食材に対応できないと考えていませんか?
ですが、最新の飲食POSレジの中には手書きオーダーに対応できるものもあり、導入することでより細かい対応ができます。これまでオーダーシステムに項目が登録されていなかったものが対応できないということが、手書きができるだけで臨機応変に対応できます。つまり、一つのメニューで千差万別の対応ができ、カスタマー評価を向上することができます。また、セルフオーダー式の飲食POSレジでも手書きができるオプションがあれば、調理担当に大切なことを伝えることも可能です。これまで懇親会などで食べられない食材が含まれ、お客さんが損をしていたという問題が解決できます。また、おまかせメニューなどを提供している場合なら自由度の高い指定ができ、好きな食材をメインとして提供できるようになるなど、満足度の高い料理を提供できるようにもなります。メニューの幅を臨機応変に対応するなら手書きができる飲食POSレジを導入しましょう。

POST LIST