さまざまな機能があるPOSレジ!用途に合わせて選べます

POSレジ

POSレジの定点分析機能で売上総額から把握できないデータを把握

レジの中のお金

従来のレジで、売上集計は営業終了後のレジ締めが完了してからとしている場合、重要なデータを得ることができません。日々の売上管理を行えば、分析ができているように見えがちですが、曜日や時間帯といった要素を閉店後の集計では把握し切れません。しかし、飲食POSレジを導入することで、より細かい売上分析を行うことができ、経営に役立てることができます。
飲食POSレジは定点分析機能も有しており、その時々での分析も得意としています。時間帯ごとの売り上げをリアルタイム集計し、採算性の悪い時間帯を把握できます。また、客席に案内する際に男女構成や年齢層そしてグループ区分を行えば、客層による定点分析を行うことができ、より精度の高い売上分析を行うことができます。さらに飲食POSレジのシステムは、ただ数値で表示するだけでなく、より分かり易いようにビジュアル化もしてくれます。例えば、同じ100万円であっても売上内容の構成が違う、曜日で客層が異なるなどの分析ができます。また、数字では100万円と110万円の差は10万円しかないといったインパクトが欠けたものになるものの、売上金額のグラフ化と客入りデータを併記するなどより分かり易く、インパクトのある分析結果を表示してくれます。特にビジュアル化というのは人手では時間がかかるものの、飲食POSレジならタッチ操作で済み、時間短縮が実現され、素早い経営判断も可能になります。

POST LIST